<< やるなら今がチャンス!体験レッスン無料キャンペーン開催! | main | お母さんたちの体験レッスン♪ >>

スティールパンという楽器についての巻


↑以前エムズで開催した、そのえ先生によるスティールパンミニミニコンサートの一枚。


なんだか春をあっという間に通り越して夏のような気温ですね。
みなさんいかがお過ごしですか?
そんな暑い日にぴったりの楽器、スティールパンのお話。
動画満載でお送りいたします。
まずはお知らせさせてくださいね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【2ヶ月に渡る長期企画!】エムズラボ無料体験キャンペーン!
通常30分1000円の体験レッスンが6月1日〜7月31日まで無料にて受けられます!
打楽器の個人レッスンに興味がある方やこの機会に興味のある打楽器に触れてみたい方
お見逃しなく★その場でご入会された場合は入会金が半額に!
詳しくはこちら http://blog.msperclab.com/?eid=1095561


【エムズまでレッスンに通えない人へ】打楽器ワンポイントレッスン講座開講!                        
ご自分で撮影した動画や音源をYoutubeやファイル転送サービスなどで提出していただいたものをエムズ講師が講評・アドバイスいたします!アンサンブルなどグループも可能です!                 
詳しくはこちら http://blog.msperclab.com/?eid=1095557      


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

スティールパンは「20世紀最後のアコースティック楽器の発明品」、といわれるドラム缶でできた楽器です。
(ちなみにスティールパンのパンはフライパンのパンと一緒の意味なのです)
スティールドラムという名前なら聞いた事がある方もいるかも?
名前も聞いた事がなくても、そのキラキラピカピカした音色だったらCMやポップス曲などでも
聴いたことがある方も多いかと思います。

それも聴いたことない方・・・。
まずは以前エムズで開催された、原田芳弘さんによるスティールパンクリニックでの冒頭のソロ演奏をお聴きください。

 

こんな音がするんですよ(゚∀゚)

この楽器ができた国は西インド諸島、カリブ海に浮かぶ島「トリニダードトバゴ」
この国は大きさでいうと千葉県くらいだそうなんです。トバゴの「トバゴ」は「たばこ」のことなんだそう。
そしてトリニダードトバゴは西インド諸島で唯一豊かな石油と天然ガスが取れる国。
スティールパンはたくさん転がっているドラム缶を叩き始めたのが始まりといわれています。

このスティールパン。
現在のところ、音がでる仕組みはあんまりわかっていないとのこと!
なにせ楽器としてオギャーと生まれたのは比較的最近の話で
発展させてきた人々の中にはまだまだ元気に存命されている方も多いんだそうです。
そうそう、「20世紀最後のアコースティック楽器の発明品」ですから。



スティールパンにはいろいろな大きさ、音域のものがあります。
以下の動画はそれがわかりやすいかな?

↑こちらはそのえ先生がメンバーで参加している、パノラマスティールオーケストラの演奏。

一人で4つも演奏している人もいれば、二つの人もいるし、一つの人もいますね。
楽器の大きさが違うと音域も変わってきてマレット(バチ)の大きさも違うんですよ。
一番奥で3人で弾いている楽器が「テナーパン」という、主にメロディーを担当する
音域が高い楽器です。
エムズラボではこのテナーパンでのレッスンをしています。

そのちょっと手前、白い帽子を被っている人が弾いているのが「ギターパン」
テナーパンよりも音域は低く、コードやバッキングなどを担当することが多いです。
テナーパンに比べると胴が長いのがわかりますか?これ「スカート」といいまして
響きなどでとても重要な役割をしています。

さらに一番手前の4つ並んでいる楽器は「チェロパン」
こちらはメロディーはもちろん、ギターパンの役割を補強したりと
大活躍のパートです。

さらにはドラム缶まるごと使った大迫力の「ベースパン」
「ベースパン」より少し短く作ってある「テナーベース」(略してテナベ)
などいろいろな種類があります。

これらの楽器が集結して、本場トリニダードトバゴではカーニバルの期間中に
スティールパンオーケストラの大きなコンテスト「パノラマ」なるものがあります!
 
↑こちらは「パノラマ」のファイナル(決勝)の模様。うーーーん、すごい迫力!
そしてベースパンの一角は要塞と化してますね(笑)
それにしてもさすが決勝!演奏者も本当楽しそう!!!

スティールパンは日本でも少しづつ認知度を高めていっている楽器です。
エムズラボでもスティールパンを習いにきている生徒さんはじわじわ増えつつあります。
テナーパンでしたら電車での持ち運びもできるし、なによりその音色が魅力ですね。




こちらは発表会での一枚。
生徒さんがテナーパンを弾いて、そのえ先生がギターパンで伴奏、
さらにパーカッションの生徒さんがコンガでリズムを入れています。

緊張する瞬間ですが、やり遂げたときの満足感はとてもいいものです(*´∀`*)

スティールパンは音の並びがピアノの鍵盤とは違っているため、
最初は音の場所に面食らうかもしれません。
少しずつ音階を覚えながら、弾きたい曲を練習してまずは楽器に慣れていきましょう。

年に一回のエムズラボパーカッションコンサートのほか、
今年7月12日(日)にはエムズラボスタジオにてスティールパンミニコンサートを開催予定です。
ぜひご興味のある方、お気軽にご来場くださいね。
(詳細はまたブログにてご報告いたします☆)

 
JUGEMテーマ:音楽

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
エムズパーカッションラボ http://www.msperclab.com/top.html
エムズパーカッションラボ水戸校 http://blog.msperclab.com/?eid=1095544
エムズラボTwitter https://twitter.com/msperclab
エムズラボFacebookページ(イイネ!よろしくです!) https://www.facebook.com/msperclab

エムズパーカッションファクトリー(エムズ売店)http://mpf.msperclab.com/
アンサンブルブルーム(依頼演奏承ります!)http://ensemble-bloom.net/


 
| 打楽器つれづれ日記 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://blog.msperclab.com/trackback/1095563

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Categories
Recommend
れとろぽりたん
れとろぽりたん (JUGEMレビュー »)
sideshow
巷で笑える打楽器アンサンブル「sideshow」の初アルバム。定番曲からあのゲーム音楽のカバーまで満載の元気がでる一枚。
■エムズラボ企画音楽イベント「音色博覧会」■
カホンワークショップ有り、打楽器バンドによるクラシック〜ラテン、デジタルパーカッションの多ジャンルライブ有りの超楽しすぎる打楽器イベントを開催いたしました!
■エムズクリニックシリーズ■   原田芳広スティールパンクリニック
日本を代表するスティールパン奏者、原田芳広さんによるスティールパンクリニックの様子です。
広く楽しくマニアックなエムズラボメールマガジン!

不定期で打楽器情報を配信!登録してね!登録・解除とも以下で可能です。 登録しますと「メールマガジン登録の確認」メールを送信いたします。
お送りしたメールに記載されたURLにアクセスしていただくと、メールマガジン登録の手続きが完了します。届かない場合はドメイン設定、迷惑メールフォルダ等をご確認ください。

メールアドレス入力はこちら♪

Facebookページ
M'sPercussionLab

Facebookページも宣伝
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM